Tanjung Priok 岸壁 (dokfoto: Kaskus)

Tanjung Priok 岸壁 (dokfoto: Kaskus)

29日5月1921年、Tanjung Priok 岸壁「バタビア町、オランダ領東インド」近くに、一隻の日本船が岩に突き当たるが、そして沈没した。あの船の名前はリオジュンマルでした。リオジュンマルはNanyo Yusen会社の船です。リオジュンマルは石炭の輸送船です。あの船の重いは4730.71トン、それから52人の船体が持っています。としても、この事件にすべての船体は手伝った。ほかの日本船アットサンマルはリオジュンマルの船体を手伝う事が出来ました。(st)

(Oryza Aditama「オリジャアジタマ」 / www.saudaratua.wordpress.com)

Iklan